• ホーム
  • クラミジアの治療薬であるジスロマックの効き目はどれくらいなの?

クラミジアの治療薬であるジスロマックの効き目はどれくらいなの?

悩んでいる男性

クラミジアへの効果が高い医薬品として、ジスロマックというものが提供されています。元々、ジスロマックそのものは様々な細菌に対して効果を発揮するものであるため、クラミジア以外にも効き目を発揮する抗生物質です。実際に、抗生物質であるアジスロマイシンという有効成分の影響で大きな効果を発揮します。性感染症への治療薬としては即効性が存在する抗生物質であるため、世界中で重宝されている医薬品です。

ジスロマックは、1回あたりで1000mgを1週間で服用することでクラミジアを退治することができます。これは、吸収されたアジスロマイシンが血中に溶け込んで全身に良い影響を与えるからです。この効き目は絶大で、性器周辺に存在するクラミジアだけではなく、様々な場所に存在している細菌に対しても効果を発揮します。段階的に死滅させていくわけではなく、一気に効果を発揮してくれるので短時間でクラミジアの脅威を排除してくれます。

また、使い方が簡単で効き目がわかりやすいという点も世界中で重宝されている大きなポイントです。性感染症などに有効な医薬品の中には、使い方が難しかったり服用期間が長いものも存在します。例えば、ヘルペスについては症状に応じて飲み方を変えて服用期間もきちんと考えなくてはいけません。ジスロマックには、こういった難点がほとんどない魅力があります。初めて使う人でも、問題なく治療に専念できるメリットが存在します。しかも、ジスロマックは1回の服用における持続効果が長く、こういった効き目はクラミジア治療における他の医薬品には存在しないものです。実際に、従来までの医薬品は1日に最大で3回は同じ医薬品を服用しないと効果を発揮しないという背景がありました。一方で、ジスロマックは効き目が高いのでそのようなことをしなくても問題なく、医薬品による負担も小さいという大きな魅力が存在します。

また、ジスロマックがクラミジア以外の細菌にも効果が存在するのは、適応性の広いマクロライド系に属する抗生物質だからです。マクロライド系はクラミジアという細菌だけを対象にしているわけではなく、身体的に有害だと考えられる様々な細菌に対して適応力をみせてくれます。それだけ、汎用性が高く使いやすい医薬品として提供されていることがわかります。注意点としては、体質によってはあっていない患者もまれに存在することです。特に、過敏症やアレルギーなどを持っている人は利用する前に事前に医師に相談しておくことが大切です。