• ホーム
  • 知っておきたいクラミジアの早期治療の必要性について教えてください

知っておきたいクラミジアの早期治療の必要性について教えてください

薬を持っている様子

早期治療を行わないと、人体に様々な悪影響を与えるのがクラミジアの怖いところです。クラミジアは、重症化すると不妊症にも繋がるものです。男性と女性では発症の仕方は異なりますが、最終的に性機能に大きな影響を与えることに違いはありません。自覚症状がない段階だと、人体に悪影響が生じる前に未然に防ぐことができるので、安心して日常生活を送ることができます。

男性の場合は、早期治療を行わないと精巣上体炎という症状を引き起こします。これは、見た目上の違いもでてくるため重症化がわかりやすいものです。睾丸が見た目にも腫れあがってきますので、精子を司る男性機能に大きな問題が生じていることがわかります。しかも、睾丸付近に激痛や高熱が発生するようになりますので、日常生活に支障がでてしまう可能性も否定できません。この状態が継続すると、男性側の不妊症の原因となります。一般的には、精巣上体炎は片方ならば不妊症になりにくいとは考えられていますが、両方になってしまうと高い確率で不妊症を引き起こします。ですから、早期治療をしないと最終的に子供を産むことができない体になります。

女性の場合は、早期治療ができないともっと深刻です。例えば、子宮内膜炎になってしまうと、下腹部全体の痛みを伴うようになり、この時点で不正出血も確認できます。この場合、流産のリスクが高くなるため胎児への命の危険性も考慮に入れなくてはならなくなります。女性がクラミジアによって不妊症になってしまうのは、卵子が通る道である卵管という部分が結果的に塞がってしまうようになるからです。構造的に子供を産むことができなくなるため、女性も不妊症の原因に繋がります。

また、女性が男性と比較してクラミジアをより深刻に考えなくてはならないのは、統計的なデータで性感染症の中でも目に見えて感染者の数が多いからです。これは、いわゆるその女性の妊娠適齢期に最も数値が目立っているという特徴があります。早期治療ができないと、胎児に対する悪影響が強くなったり、そもそも子供を産めなくなるため対策や予防が不可欠な病気です。早期発見さえできれば、治療そのものは難しくありません。クラミジアに対する有効性が存在する抗生物質が開発されているからです。病院に行けばすぐに処方してもらえますし、診断も難しくありません。クラミジアの検査方法も確実性が高いものが用意されているため、安全に治療が進められます。